FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" dc:creator="♪mimiko♪" dc:date="--------T--:--:--+09:00" /> -->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://otogiyakodomo.blog90.fc2.com/tb.php/6-c4d2afbe

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

スポンサーサイト
" dc:creator="♪mimiko♪" dc:date="2009-06-18T00:21:28+09:00" /> -->

「わかった!」という気持ちの爆発

一昨日の記事のAちゃんのママからのメールです。
(許可を得て、こちらに転載させていただきますね。)


今日は帰宅してからもかなりの「ピアノモード」でキーボードで何度も弾いていました。
遂には「もっと新しいのをやりたい。足りない…〓」と言い出し、
家にある童謡の本をひっぱり出して、ページの隅に記載してある保護者向けの小さい音符
(もちろん色ナシ)を必死で追いながら「むすんでひらいて」や「大きなくりの木のしたで」を
それはそれは一生懸命弾いていました(笑)。

実はしばらくお稽古がなかったので、きっと今日は復習になるかと思っていたのですが、
まさに身体からあふれ出るように楽しむ姿に私もうれしくなりました。
この様な素晴らしいお稽古を本当に本当にありがとうございます。

23日には私のいとこの子供のコンクールを聴きに行ってきます。
華やかなお洋服を来たお兄ちゃん&お姉ちゃんたちの演奏する姿に、
更にノリノリになってくれればな~と、思っています(笑)



一昨日のレッスンの様子で、「これはすごいな!」と思っていましたが、
お家での様子は、予想を超えていましたね☆
これから、快進撃が続くことでしょう♪


いったんほんとうにわかったら、楽譜が小さいのもなんのその、
食い入るように音符を読んでいく、という子どもの様子は、
これまでにも経験したことがあります。

初めて「ド」を教えたお子さんには、「ドをさがしてごらん」と言って、
例の、「歌とピアノの絵本」をまるまる一冊分、「ド」だけ探す、ということをしますが、
ぜんぶ探せたら、「これもやる!」と言って、もう一冊テキストにしていた「ぴあのだいすき」の
保護者向けの小さい楽譜も、まるまる一冊、「ド」を探しきったお子さんがありました。
2冊分の「ド」を探しきったMちゃんは、レッスン室を円を描いて走り出したんです。
あれは、Mちゃんの喜びの表現、ウィニングランでしたね。


そういう、子ども自身の心のエネルギーが爆発するシーンは、
忘れられないレッスン室の情景です。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://otogiyakodomo.blog90.fc2.com/tb.php/6-c4d2afbe

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。