FC2ブログ

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" dc:creator="♪mimiko♪" dc:date="--------T--:--:--+09:00" /> -->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://otogiyakodomo.blog90.fc2.com/tb.php/2-019e90c1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

スポンサーサイト
" dc:creator="♪mimiko♪" dc:date="2009-03-16T22:41:13+09:00" /> -->

「喜んでやる」「何度もやる」

「音伽あそび」のレッスンでは、子どもたちが、
「喜んでやる」「何度もやる」という特徴が顕著になってきました。

「音伽あそび」を1年ぐらいやってきた子どものクラスでのこと。
この日は、「たこたこあがれ」のわらべ唄が題材でした。
みんなで歌ったあと、ハンドベルで「ソ」「ラ」を持ち、
「ラソラソラララ」とできるようにしました。
それから、ピアノでも。

AちゃんとTちゃんの喜んだこと!
ハンドベルとピアノのアンサンブルも始めて、
弾いては笑い、笑っては弾き、大はしゃぎでした。
レッスンが終わった後でも、「もっとやる!」と言って、また弾くのです。

正直なところ、このぐらいの年少の子どもたちに、
「音伽のサロン」や「音伽あそび」の経験がまったくなくても、
1回のレッスンで「たこたこあがれ」を弾かせることは、できます。

弾かせるだけなら、できるんですが、
ここまで喜んで、何度も何度も弾く、というのは、
やはり、これまで楽しんできた下地があったから、と思います。

「弾く」という行為のみを見るのではなく、「どんなふうに弾くか」
というその点に、やはり、こだわりたいと思うのです。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://otogiyakodomo.blog90.fc2.com/tb.php/2-019e90c1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。