Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" dc:creator="♪mimiko♪" dc:date="--------T--:--:--+09:00" /> -->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるごと2冊+7曲でのレッスン

音伽舎では、今年の夏あたりから、ぞくぞくと、
音伽あそびから育ってきた子どもたちがピアノに入りました。

その中のIちゃん。
0歳から自由が丘の音楽サロンに通い、
年少さんで音伽あそび。今、年中さんの女の子です。

すごく恥ずかしがり屋だけど、歌が大好きで、
歌うこと、音楽に関しては、とっても積極的になる
ということで、幼稚園も音楽に力を入れているところに通ってます。
特別な訓練は何もしていなくても、いつの間にか絶対音感がついています。

そんなIちゃんが、音伽あそびで、もう、楽譜がしっかり読めるので、
どんどん、どんどん、すごい勢いで進んでいます。

昨日のレッスンでは、とうとう、<2冊と7曲>という
音伽舎ピアノ響室の新記録が出ました

ピアノひけるよジュニア2
ピアノフレンド1
グローバー幼児用教本より
    「ダンスのうた」「スティーム・シャベル」「うさぎさん」
    「オールド・マン」「かねがなる」「おデブのかえる」「おめでとう」

ピアノひけるよジュニア2は、レッスンで一緒に譜読みすることなく、
まったくひとりで(+ちょっとだけお母さんに手伝ってもらって?)できました。
ピアノフレンド1は前の方は少し一緒に譜読みしていましたが、
あとほとんど、ひとりで譜読みできました。

ただ弾くだけでなく、フレーズの最後をドスンと弾かないようにね
なんていう音楽の美しさのポイントもよくわかってきていて、
指先のコントロールがとてもよくなってきました。

知っている曲では、Iちゃんの歌心も出てきて、
何だか素敵な響きがする演奏にもなってきています。

7月にピアノを始めて、8月はお休み。
9月から月2回のレッスンですから、まだ10回にもなりません。
レッスンの間隔が空いている週は、新しい楽譜をどんどん自分で進めています。



お誕生日コンサート

音伽舎では、ピアノ響室の子どもたちの発表会は、
ひとりひとり、お誕生日の月に「お誕生日コンサート」を
リサイタル形式で開いています。

昨日は、音伽の会(おやこ感覚響室)~音伽遊びで育ってきたRちゃんの、
小学校入学記念コンサート、7歳のお誕生日コンサートに続いて、
回目のリサイタルコンサートである、8歳のお誕生日コンサートでした。

次が、その、プログラムです。

Ⅰ練習曲
♪「バイエル練習曲」より71番、72番
♪「ピアノのアルファベット」よりO、C
♪「ピアノ・エチュード2」より「空を飛んだ夢」「スペインの歌」

Ⅱ朗読と演奏
♪子犬のお話
1.「ジル」
2.「ブーツ」
3.「ジュディ」
4.「ふたごのスリッパーズとジョック」
5.「マイクおじさん」
6.「おいでよ楽しいよ」
7.「森へ走る」
8.「ウサギかな?」
9.「骨をなくしちゃった」
10.「おいかけろ」
11.「晩ご飯だよ」
12.「おやすみなさい!」

Ⅲレパートリー曲
♪マーチ
♪アンダンテ
♪アラベスク
♪バラード
♪遠くの鐘の音
♪人形の夢と目覚め

※「子犬のお話」は、日本では未出版のBoosey&Hawkes社の楽譜です。

ぜんぶで24曲。全曲暗譜です。

去年は30曲でした。
今年は、「人形の夢と目覚め」など
長い曲も入っているので、ぜんぶで40分ぐらいになります。

数にびっくりされますが、今回は、HappyMotherMusic仲間である
ホルンの本郷さおりさんがお子さんの賛助出演で聴いてくれて、
「2年生の演奏なのに、音楽的に楽しめてびっくりした。
 0歳から音楽とお話で育ってくると、こんなふうになるんですね
と言ってくれたのが、何よりうれしかったです。

理想が形になってだんだん見えてきているので、
こんなうれしいことはありません


コンクールを聴けば、達者に弾く子、上手い子、
どうしてこんなに?と、音楽性のある子も、たくさんいます。

そんな子たちは、小学校低学年でも、一日数時間の練習があたりまえです。
日本でトップクラスの音大付属音楽教室では、「子どもの学年×1時間」と言われていました。

でも、Rちゃんは、曲数は多いとはいえ、一日一回づつ!しか練習しないんですって。
よくそれで弾けるね!と、驚きますが、Rちゃんスタイル、ということで、
それはそれでいい、ということにしています。

それこそ、コンクールなどにも出場して、客観的な評価をもらい、周りを見て、
「もっと上手になりたい」と、自分で心から思ったら、練習もたくさんできるでしょう。
その時を、じっくり待ちたいと思っています。


「弾く」と「創る」

今日は、小学校1年生の二人の女の子のピアノレッスンでした。
WちゃんとMちゃんは同じ誕生日の生まれで、お母さんどうしも仲良しなんです。

Mちゃんのお母さんは妊娠中から自由が丘の「音伽のサロン」に通って来られ、
育休中には、Wちゃんほかお友達を誘っておやこ感覚響室の前身の「音伽の会」に。
復職してからは、週末に「音伽あそび」のレッスンを月1回のペースで・・・
と、二人とも、電車で通ってくる距離ということもあって、
ゆっくりと、音伽舎でのレッスンを続けて来られました。

WちゃんとMちゃんは、同じ誕生日ではありながら、
Wちゃんはお兄ちゃんがいて二人目の女の子、Mちゃんは一人っ子・・・
ということもあり、性格はぜんぜん違います。

Wちゃんは、気が向かないとあまり喋らず、好きなことをとことんやりたいタイプ。
Mちゃんは、キラキラした目が印象的で、エネルギーがあり、もっと自由人タイプです。

「ピアノ」という習い事の性質上、こもって練習する・・・という過程がありますので、
どちらかというと、Wちゃんの方がピアノには馴染みやすいんじゃないかなぁ?
Mちゃんをピアノにしばりつけておくのは、ちょっとかわいそうかなぁ?
という印象は、ピアノのレッスンに入る前からありました。

Wちゃんは、とにかく「知っている曲を弾きたい」という気持ちが強く、
楽譜もどんどん読みたいし、聞き覚えの曲も、どんどん弾いてきます。
先週のこと、「休みは毎日レッスンに来たい!」という発言があったくらい、
ピアノが好きで、どんどん面白くなってきたようです。

Mちゃんは、楽譜を読むのは面倒な気持ちがあり、練習は嫌!
どちらかというと、思いつくままピアノを弾いてみるのが好きなようですが、
レッスンを重ねるうち、楽譜や弾くことには着実に慣れてきているし、
ピアノや音楽は好きなことは間違いないので、長い目で見よう
と思っていました。Mちゃんのキラキラお目めは、
内に秘めた宝物を表しているのですから

そんな時、お母さんが、ナイスフォロー!
レッスンで使っている色シールを買ってきてくれて、
Mちゃんの弾いた曲を五線譜にとってくれていました。
今日のレッスンは、その流れを引き継いで「作曲」です♪

今日は、
Mちゃんが歌った曲を私が五線譜に書きとり、
Mちゃんが、黒い音符に色シールを張って、読みやすくして、
ピアノで弾いてみる、弾けなかったところは練習する・・・
という手順で、やってみました。

なんと!驚いたことに、
Mちゃんが思いつきで歌った曲は、
歌詞も、メロディーも、形が整い、格好がついているではありませんか!!

Mちゃんが即興で作った曲の歌詞です。
おほしさまみつけた 
  おやまのうえのたぬきさん 
  おだんごたべてみています
  子どもといっしょにみています
わらべ歌のリズムで、言葉の抑揚どおりに自然なメロディーです。

自分が歌った曲でも、即、スラスラ楽譜が読める、弾ける、とはならない訳ですが、
楽譜の曲を練習するのは嫌でも、自分で作った曲なら弾きたいので、
練習してみよう、という気にもなる、というものです。

いきなりほぼ整った形で曲が生まれてくる・・・というのも、
それこそ、お腹の中にいる頃から聴いてきた音楽やお話が、
Mちゃんの中にいっぱい詰まっているのでしょう。

おやこ感覚響室で、同じカリキュラムのレッスンを受けていても、
それが、どんなふうに発酵して、外に出てくるのかは、
ひとりひとり違います。そこが面白いところですね





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。