Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" dc:creator="♪mimiko♪" dc:date="--------T--:--:--+09:00" /> -->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳までは教えない

0歳から音楽とお話を楽しむ会を始めて、7年になる。
音伽メソッドと名前をつけ、音伽舎の屋号で響室を始めたのは昨年だけど、
これまでにじっくりつきあって見てきた子どもたちは、何十人になるだろう・・・?

赤ちゃんから入園まで、幼稚園まで、小学生まで・・・と、長期にわたって
何十人の子どもたちの成長を見守ると、共通する法則のようなものも見えてくる

0歳からお母さんと一緒に音楽やお話を聴く時間を楽しんできた子どもは、
やっぱり音楽が大好きで、その心のエネルギーは、ほんとにすごい

何を教える以前に、その気持ちを育むことこそ、ほんとうにやるべきこと。
それには、教える必要はない。ただ、一緒に楽しめばいい。
そんな例を、これからもお伝えしていきたいです


オペラデビュー♪

HappyMotherMusicの近藤啓美さんの下の女の子Mちゃん(小2)が、
子どもオペラ「ヘンゼルとグレーテル」のグレーテル役で、
12月23日、デビューしました

他の子は、ピアノの上手なお姉さんたちで、
Mちゃんは、とくに発表会なども出たことがないので、
指導の先生から、心配されていたそうなんです。

「でも、本人は、
 私、HappyMotherMusicのコンサートに出てるから大丈夫
 と、平気な顔をしているのよ~」
という話はきいていました。

そう。Mちゃんは、HappyMotherMusicのおやこコンサートでは、
春の「おおきなかぶ」のお話で、昼~夜の時間を表す太陽と月の係をしたり、
クリスマスの「トナカイが落っこちた」のトナカイ役で出たり・・・と、
学校が休みのコンサートでは、何度か手伝ってくれていたのです。

もっと小さい子どもたちのお姉さんのような存在でもあり、
いつも、ニコニコ笑顔で手伝ってくれていました。

そして、グレーテル役、という気の張る舞台でも、
ぜんぜん臆することなく、いちばん光っていたのだそうです


それは、同じステージに星の子のコーラス隊で出演した
HappyMotherMusicの松田みほさんのAちゃん(年長さん)も同じで、
他の子が、いまいち硬い表情でいる中、ぴかぴか笑顔で演じている二人には、
眼を奪われた、と、見に行ったお話の恵津子先生の話でした。

けっして、恵津子先生の身びいきではなくて、
先生や、他の出演者の子どものお母さんたちからも、
「劇団ひまわりとか、いいんじゃない?」との声が出たぐらいだったらしいです。

私は、ちょっと行けなくて、その姿を見ることはできなかったのですが、
話を聴いて、ほんとうにうれしいと思いました。

二人にとっては、HappyMotherMusicの
<お客さんに喜んでもらえたステージ>が
きっと、原点なんでしょう。

そこを疑っていないので、
どんなステージでも怖くないんだ、と思いました。

あれこれ、きっと、こうなるはず・・・
と、理想を追ってきたHappyMotherMusicや音伽舎ですが、
この出来事ばかりは、私の予測を超えていましたね。
そして、大事なことに気付かされた出来事でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。